2017年7月10日月曜日

入道雲

今日、雨上がりの東の空に、久しぶりの入道雲を見ました。    

今年初めての、夏空の様な気がします。
にょきにょきと力強く、青い空に伸びる入道雲。


   
子供の頃と、回りの景色は、随分と違いますが、空だけは、あの少年の頃見た、あの夏の入道雲のままです。          

そんな空を見上げていると、あの幼き頃の私に、出会える気がして、何時までも、空を見上げている私です。

2017年7月6日木曜日

夏を迎えて

今年も、梅雨が来て、夏が来ました。  

毎年、同じ様にやって来る夏で、ぼんやりしていると、あぁ、又、夏が来たのかと、思うでしょうが、決して、同じ季節の巡りは無い訳で、2017年度限定の、特別な夏なのです。  

そして、それは、二度と来る事のない、今だけの輝きの時なのです。






 時間は、決して、後戻りする事は無く、その一瞬一瞬が、大切な煌めきなのです。  

だから、鬱陶しい雨の日も、ジリジリ照りつける夏の陽射しも、腹一杯喰らって、今年の夏を、満喫しましょう。

2017年6月8日木曜日

梅雨

昨日、梅雨入りしましたね。  

これから暫くは、鬱陶しい雨の季節ですが、これも、自然の摂理。  
日本の季節の、大切な移ろいの一小間なのです。




草木にとっても、勿論、人間にとっても、水は、欠かせない物です。
水が無ければ、草木や人は、決して生きては行けない物なのに、大切な水は、無愛想に、雨や、時には、嵐としてプレゼントされるのです。

そして、自然は、今年も、約束したかの様に、雨の季節を送って来ました。  
だから、私達は、有りがたく、この梅雨と言う雨の季節を、心行くまで味わいましょう。

2017年5月11日木曜日

夏の始まり。

立夏も過ぎ、いよいよ、今年も、夏がやって来ます。
そんな夏も、私にとっては、もう、67回目の夏です。




子供の頃は、まだ、世の中が貧しくて、涼を取る扇風機や、エアコンと言う電化製品は無く、何処の家でも、目一杯窓を開けて、蚊取り線香を炊き、広告の載った団扇(うちわ)を扇いで、暑さを凌いだものです。

そんな昭和の夏を、懐かしく、ほのぼのと思い出す、今日の暑さです。

2017年5月1日月曜日

自然の力

季節は、いつの間にか春になり、気が付けば、もう、5月です。

去年の11月に買ったシクラメンの鉢植えが、まだ、白い花の蕾を3つも付けて、葉を枯らしながらも、咲こうと、健気に頑張っています。


毎年買っても、直ぐに、ぐったりとして、失敗するのですが、去年は、花屋さんで、シクラメンの育て方をしっかりと聞いたので、その甲斐が有ったと言うものです。

草花にかかわらず、生き物には、不思議な生命力が宿っていますよね。
人も、自然も、大切に扱えば、長く保つものです。
だからこそ、自然を大切に、人を大切に生きたいな。

2017年4月3日月曜日

季節(とき)の始まり

春です。  
春が、向こう正面から、いそいそと、やって来ました。

菜の花が咲き誇り、桜も咲き始めました。  
そして、後1週間もすれば、桜の花びらが、乱舞し始め、枯れてた木々にも、芽吹きが始まり、又、新しい季節(とき)が、巡るのです。




こうして、今年も、新しい出会いと、惜別の別れを予感させながら…、何事も無かったかの様に、1年が始まって行きます。

そして、私は、そよ風の様に、野山を渡り、歳相応に、淡々と、しかし、味わい深く、この1年を、過ごしたいと願っています。

2017年3月28日火曜日

親父

今日は、6年前に亡くなった親父の命日です。  

そんな訳で、私も、午前中には、墓参りに行って来ました。

94歳のお正月まで、元気に、夫婦二人で暮らしていた親父。
週に1・2度は、飲みにも出かけていたあの親父が…。
 
お正月明けに、丸椅子に腰掛け様として、過って転けてしまい、骨折。その骨折が原因で、感染症になり、結局は、亡くなってしまいました。

海軍に居て、多くの戦友を亡くしながらも、日本を守った事を誇りに、気丈に、亡くなるその日まで、家族を守りながら、自分の人生を生き抜いた、海軍兵士の親父です。

親の愛とは、正に、無償の愛。    それを無くした時、初めて、人は、その深さを知るものです。  
勿論、私も、日頃から、親に対する感謝の気持ちは、有りましたが、生きてる間に、もっと素直に、感謝の気持ちを、伝えたるべきでした。
 
遅いかも知れないけど…、改めて、そんな感謝の気持ちを込めて、墓前に手を合わせた私です。